>   >  落ちてももう一回アタックしてみろ!

落ちてももう一回アタックしてみろ!

落ちることを気にせず、圧倒的な数の面接を受けてみて、
それでも大本命の会社に落とされてしまったらどうしたらいいのでしょうか?

ここでは転職バカ的に、採用率がかなりUPするんじゃない?という方法を紹介したいと思います。

一応転職エージェントでもハローワークでも転職サイトでも直接応募でも、
どんな場合でも使える一手です。

今まで100人以上に不採用を出してきて、食い下がってきた人は0人。

これ、転職バカの会社の話で恐縮なんですが、
現時点で100人ちょっとの人の面接をさせてもらって、
採用者が10名ちょっと、不採用者は100名を超えると思います。

転職バカはえらそうにも100人以上の人に不採用通知を出させてもらっているわけですが、
不採用通知を出して以降、向こうから連絡をくれた人は一人もいません。

要は、不採用通知を出したら100人中100人すんなり諦めたということです。
(転職バカの会社が人気企業ならそうはならなかったかもしれませんが、、(汗))

ということは、もし不採用通知を食らったとしても、
「それでも採用してほしい!」と食い下がったらかなり目立ちますよね?

実はこれ、転職バカも昔やったことがあるのですが、
もし面接を受けたのが本命の企業なら、1回落とされたくらいで諦めていては話になりません。

1回落とされても、それが本命なら次回の求人にもう一度応募するか、
それも待ちきれないくらいなら、その会社の社長宛てに熱い手紙でも書いてやりましょう!

どれだけ採用をしてほしいのか?自分が会社にとってどれだけメリットを出せるのか?
というようなことを熱く語った手紙を送れば、これはかなり目立ちます。

しかも、人事採用担当者などではなく、
直接最高経営責任者の自宅に送るのがポイントです。

自宅の住所がわからなければ、本社の住所に社長宛てで送るといいでしょう。

人事採用担当者や面接官などに送ってしまうと、
不採用通知を出しただろう!と思われるだけの可能性もありますし、
会社の社長と言うのは、こういう熱い人が例外なく大好きだからです。
(転職バカもそうです(笑))

そして、いくら大企業の社長であっても、
そんな手紙をもらうことはめったに無いことです。

転職バカの小さな会社の例で申し訳ないですが、
うちの会社の場合は100人中0人でした。

もしそういう熱い人がいたら、もう一度履歴書の内容を考えてみて、
転職バカなら是非もう一度会ってみたいと思います。

ほんと、正直、それくらいガッツのある人に会ってみたいですし、
それくらいガッツのある人を採用したいです。
(全然いないですけどね、、)

あなたは微差で落ちた可能性がある!

これも転職バカの会社の例で申し訳ないんですが、
たとえば100人来て10人採用となった場合、90人に対して不採用を出さなくてはいけないわけですが、
この90人は採用された10人に対して、各段に魅力が劣っていたかというと、
全くもってそうではありません。

感覚的には上位2、3人は明らかに優秀で即採用、
下位10人くらいは明らかにNG、即不採用、、といった感じです。

明らかに良い、明らかに悪いはすぐにわかりますが、
真ん中の人たちって、本当に微差です。

転職バカの会社の場合はあれこれスタッフと相談して決めますが、
採用活動が終わった後でも、あの人を採用していたら良く頑張ってくれたのかもしれないな、、
と思うこともあります。

だって、面接の間の15分やそこらで、
その人を判断するのってすごく難しいです。

つまり、なんとなくの面接官のフィーリングとか、適正検査の1点の差とか、
そういった微差で落ちているケースってかなりあると思います。

それならもう一回受けに来た人、不採用にしたのに手紙をくれた人って、
簡単に上位までランクアップしますし、かなり目立ちます。

面接の受け答えとかをあれこれ考えるよりも、
落とされても食い下がるというのは、誰でもできてかなり効果が高い技だと思います。

落とされてそのまま諦めたらそこから採用される可能性は0%、
手紙を書いたら0%以上になります。

本当に生きるのに困るくらい就職先に困っているなら、
やるだけやってみてもいいんじゃないでしょうか。

ページ先頭へ戻る


当サイト経由の申込み数ランキング1位 マイナビエージェント
面接通過率No1!
当サイト経由の申込み数ランキング2位 type転職エージェント
年収UP率No1!
当サイト経由の申込み数ランキング3位 アデコの人材紹介
国内拠点数160!