>   >  社長が急死

社長が急死

巨漢の社長が激痩せ、、
その異様な姿に驚きを隠せなかった僕ですが、
そんな社長が3日後に急死、、

そこから何か、、歯車が狂い始めました・・・

社長が急死!副社長との緊急会議。

その日は、朝から出張でした。

商談が終わり、気が付くと・・・
部下から尋常じゃない着信履歴が入っていました。

折り返すと、

「次郎三郎さん、やばいっす。。
 午前中、緊急の全体の朝礼があって社長が亡くなったみたいです。
 しかも今月分の給料もでないみたいっす。。

一体、何をいっているかすぐに理解はできませんでした。

社長が死んで、給料が出ない!?

とにかく、はやく帰ってこい、と●●さん(上司)から伝言とのこと。

「わかった。」

戻ったとたん、
管理職全員が副社長に呼び出されました。

これもまた、随分とやつれた副社長とその横には、
【見覚えのない男性】がいました。

一目見て、体から放っているオーラが・・・
こっちの世界の人ではないというほど強烈なインパクト。
目を合わせてはいけない、そんな気がしました。

「こちらは、社長の知り合いのO社長です。
 生前、社長が大変お世話になっていた人です。」


「??」

その時は、なぜこんな大事な時に、
【部外者がいるのか?】理解ができませんでした

この異様な雰囲気の中で、
まず社長が昨夜、亡くなったことが知らされました。
急なことで、周りはかなり動揺していました。

自分も、もちろん動揺していましたが、
3日前のことを思いだし別人のようになった社長を見て、
急死したことも、、なんとなく理解することができたような気がしていました。

給与遅配については、社長が亡くなったことで、
会社名義の口座はすぐに凍結されたためとのことでした。

ただ単純に死亡したからという理由だけでなく、
銀行側が会社に貸し付けている金の回収の見込みが薄くなる、
という判断を下したとの噂もありました。

副社長からは、一時的に給与遅配が起こるが、
もちろん、ちゃんと給与は支払うという説明でしたが、
いつ振り込まれるのかという質問には、明確な回答もありませんでした。

それから、いろいろな疑問が副社長に投げかけられました。

  • 社長が何の病気で急死したのか?
  • 次期社長はどうなるのか?
  • 会社はどうなるのか?

事業はもちろん継続するという説明はあるものの
副社長からの説明はそれ以上、何もありませんでした。

・・・というよりも、横にいる「O社長」という男を気にかけながら話しており、
言葉を慎重に選びながら、話しているという印象でした。

そのO社長も何か言うでもなく、
終始ひと言も言葉を発することもない。

その佇まいは、副社長が余計なことを言わないように、
監視でもしているかのような感じでした。

そこに座っているだけで、かなりの圧迫感でした。。

会議は重苦しい雰囲気の中、
昨日まで働いていた会社とは思えないような、
究極に陰鬱とした感じとなって・・・

ついには管理職の中に急に泣き出す者も出現、
事態はより深刻になっていく様相を呈していました。

恥ずかしながら、このような深刻な事態になってから、
初めて会社が傾いていることを認識し、大きな危機感を抱きました

振り返ると、次々と役員が辞めていったことも・・・
こうなることがわかっていたのでしょう。

会社は、多方面から相当な額を借り入れしており、
それを上場して、返済もしくはさらなる融資をと計画していたのでしょう。

上場ができなかったことで、それも泡と消え、
利益を享受しようと考えていた債権者達は、たちまち手のひらを返すように
冷酷な態度をとりはじめていたのだと思います。

会社は本当に窮地に追い込まれていたのです。

ページ先頭へ戻る


当サイト経由の申込み数ランキング1位 マイナビエージェント
面接通過率No1!
当サイト経由の申込み数ランキング2位 type転職エージェント
年収UP率No1!
当サイト経由の申込み数ランキング3位 アデコの人材紹介
国内拠点数160!