>   >  夢だったお笑い芸人をあきらめて、、

夢だったお笑い芸人をあきらめて、、

はじめまして、次郎三郎と申します。

今回転職バカ君から僕のブラック企業体験を披露してほしいということで、
ペンを取らせてもらいました。

転職活動でお忙しいみなさんの、
箸休め、余興にでもなれば幸いです。

それじゃあ、僕の体験記を語っていきたいと思います。

夢だったお笑い芸人をあきらめ、サラリーマンの道へ、、

高校の時の文化祭で、
当時お笑い好きな仲間とコントや漫才をし、
幸か不幸かなまじっかうけてしまったことで、
自分たちはおもしろいと勘違いしてしまい、
決まっていた大学の入試もやめ、
そのままの勢いで某大手お笑い養成所へ仲間と一緒に入学しました。

卒業はしたものの、
約5年間、数え切れないくらいのオーディションに落ち続けることで、
ようやく自分がおもしろくない、ということをかみしめることができ、
夢をあきらめ、就職することを決意しました。

大学へも行かず、資格も車の免許のみ、
学校も進学校だったわけではない、高校も免許も普通科の学歴のない自分が
社会の常識もしらないままハローワークへ通う日々がスタートしました。

自分のような学歴のない人間が、
万が一就職できる職種はみんながやりたくない仕事、
やっぱり"営業"しかないだろうと思っていました。

何もしらないため、営業という職種は体力勝負で、
ひたすらお客さんに頭をさげ、
ノルマが達成できなければ上司にしごかれ、すぐにクビがとぶ、、

とにかくしんどくて、きつい、
誰もがしたくない仕事だという理解しかしてなかったのです。

それも仕方がないことだろうと覚悟を決め、
どうせきつい仕事をするなら、ちょっとでも給料がいいところを探そうと、
ハローワークの求人募集のタッチパネルから、
いつものように学歴不問という選択欄にすばやくチェックをし、
新たに営業という選択欄にチェックした後、
タッチパネルを連射する日々が続きました。

ようやく、当時はなかなか見つけられなかった月給20万円という見出しと、
はやっていたIT関連のベンチャー企業への営業の求人募集を見つけ、
面接にこぎつけることができました。

ドリームキャストのタイピングゲームでブラインドタッチをマスターしていた自分は、
一応タイピングできるし、ITでベンチャーって、なんかかっこいい!
きつくてもなんとかなるだろうと、すでに気持ちは前向きになっていました。

いざ!面接へ!!

目の前の面接官に志望動機を無事に伝えた後は、

  • 自分の売りであった某大手お笑い養成所へ在籍したこと
  • 卒業しお笑い芸人を目指していたこと

ここの一点突破で押し切ろうと考えていました。

面接官が笑う=採用!
という意味不明な思い込みからでした(笑)

結局、面接官はくすりとも笑ってくれませんでした(汗)が、
翌日、その会社から連絡があり、社長との最終面接の日程を聞かされました。

社長室にとおされた自分の目の前には、
巨漢の大男が一人。

社長はかなりの存在感でした。

社長は常にニコニコして、
人当たりのよさそうな魅力的な人物にうつりました。

会社は社長が学生ベンチャーで立ち上げたものでした。
まだ当時は、社長も29歳という若さでした。

最終面接に気合いが入っていたのですが、
面接はあっさりしたものでした。

  • いつから来れるのか?
  • 使い物にならなかったら、すぐにやめさせるから

という2点のみ。

面接というか、
すでに採用は決まっていたようなものでした。

普通、転職活動をしている人であれば、
こんな感じの面接でこの会社に入社しよう!
と思う人もいないと思います
が・・・

人生経験が乏しい自分は、
営業とは成績が残せなければ「すぐクビになるもの」だと勘違いして、
「がんばる!」と決意し入社を決めました。

ページ先頭へ戻る


当サイト経由の申込み数ランキング1位 マイナビエージェント
面接通過率No1!
当サイト経由の申込み数ランキング2位 type転職エージェント
年収UP率No1!
当サイト経由の申込み数ランキング3位 アデコの人材紹介
国内拠点数160!