>   >  初出勤から飛び込み営業

初出勤から飛び込み営業

即クビ!なんてことにならないように、、

とにかく頑張って成果を上げる!頑張るぞ!と心に誓い、
いよいよ初出勤の日を迎えました。

初出勤でまさか、、いきなり飛び込み営業!

会社の規模は社員数が40名、開発部門と営業は、
大きく「システム」と「ソフトウェア販売」の2部門に分かれており、
自分は営業2課という上司1人と営業マンが自分含めて、
5名の部署に配属されました。

配属先の上司からどんな商品を販売しているのか、
軽くパンフレットを見せてもらい、これから研修がはじまるのかと思いきや・・・

入社当日からいきなり・・・
上司との飛び込み営業となりました(汗)
商品は、

  • 自社開発のHP作成機能と買い物かご搭載
  • さらには販売管理や顧客管理が可能
  • グループウェアまで統合したASPをパッケージ

といった、【販売価格30万】のソフトでした。

リアルな店舗を立ち上げることを考えると、
ネット上とはいえ、そんな安い価格でオープンできるのは夢のようなソフトだ!
と、その説明だけでこの商品の信者になることができたほど、
当時は純粋でした(笑)

飛び込み営業の毎日、、そして初成約!

商品知識もゼロにひとしい状態で
翌日から毎日、今度は先輩社員との飛び込みがはじまりました。

ただその先輩が、ほとんどやる気がなく、
ただ電車にのって環状線を何周もまわるだけという日もあり、
まったく売ろうとする気配がありませんでした。

こんな状況の中、どうやって販売しているのか、
不思議になりつつも、すでにこの商品の信者である自分には、
その気になれば、

【いつでも売れるような大した商品】

なんだろうと感じていました。

そんな中、ふと先輩になげかけた疑問に、
先輩の口から、衝撃の発言が飛び出しました。

次郎三郎⇒「○○さんはどれだけ売ったんですか?」

先輩⇒「え、1本やで。というかこの商品、全体でまだ2本しか売れてへんで。」

次郎三郎⇒「え~、そうなんすか。。」

自社商品の信者になっている自分には・・・
衝撃の発言でした

2本しか売れてへんて、、この会社大丈夫なん!?

とは思う半面、この時の自分には、
会社のことを心配できるような考えはまだまったく備わってなく、

2本以上売ったらヒーローなれるんちゃう!?

と逆に変なモチベーションとなり、
早く数字を作りたい一心で、先輩に見切りをつけ、
商品知識もそこそこに一人で飛び込みを続けました。

普通の会社やお店では相手にされないこともあり、
ネットに向いていると感じていたすごくエッチなお店にも
飛び込みをたくさんしました。

それでも、20件まわって少し話できるのは1件あればいいほうでした。

「ちょっと関心がある」といわれた先には、
お客さんのお店を開店から閉店まで居座りつづけ、
それでも売れなかった日は、

「なんで、こんないい商品が売れんのやろ。。」
と自分を責め、悔し涙を流すこともありました。

ただ行動量だけは人一倍がんばっていた自分は入社して3週間後に
ついに初成約をつかむことができました

それは会社にとっても、商品3本目の成約でした(笑)

ページ先頭へ戻る


当サイト経由の申込み数ランキング1位 マイナビエージェント
面接通過率No1!
当サイト経由の申込み数ランキング2位 type転職エージェント
年収UP率No1!
当サイト経由の申込み数ランキング3位 アデコの人材紹介
国内拠点数160!